①インフルエンザワクチン インフルエンザの予防の基本は流行前に予防接種を受けることです。予防接種を受けてから抵抗力がつくまでに2週間程度かかります。より有効性を高めるために流行前に接種する事をお勧めします。

②肺炎球菌ワクチン  65歳以上の方、糖尿病の患者さん、呼吸器に疾患をお持ちの方(COPDなど)、養護老人ホームや長期療養施設に居住している方に肺炎球菌ワクチンの接種が奨められています。1回の接種で5年以上免疫持続。

③健診 内臓脂肪のCT、骨密度測定、個別健診、企業健診、特定健診等

④各種予防接種 4種混合、ヒブ、小児肺炎球菌ワクチン、子宮頸がん、日本脳炎、麻疹・風疹(MR)、水痘、おたふくかぜ、B型肝炎、インフルエンザ、肺炎球菌等

●診察日について

年末年始12月31日、1月1・2日は休診です。

1月3日(金)は平常どおり。1月13日(月)「成人の日」は平常どおり