短かった梅雨、35℃は当たり前で局地的に40℃を越えることもあった猛暑、各地で経験したことの無い雨量をもたらすゲリラ豪雨の被害等、今年の夏は日本列島全域非常に厳しい気候でした。まだまだ残暑は続きますが皆様には熱中症等になることなくお元気でお過ごしでしょうか。厳しい夏を乗り切った後の9月は人間の身体にとって辛い時ですね。夏バテ・食中毒・熱中症も起こし易い時なので、十分注意しながら体調管理に努めてまいりましょう。

あいの光ニュース9月号原版(PDF)はこちら⇒H25.9