まだまだ寒い日が続きますが、地域の皆様にはお風邪などを召されてないでしょうか。この冬はインフルエンザの流行も遅れて来ていますので、まだ心配ですね。梅の花もちらほらと見られ桜が待ち遠しい季節となりました。そしてこの時期気になるのはやはり“花粉”ですね。中国大陸の黄砂や最近問題となっている大気汚染物質とまみれて降ってくるかもしれないので、一層不安になりますね。 例年3月は気候の変わり目で体調を崩す方が多くいらっしゃいますのでどうぞ健康に留意してお過ごしくださいませ。

=初詣・書初め・節分祭=毎年恒例で1月には牛窓神社初詣と書初めを行い、2月には牛窓神社節分祭に参列いたしました。今年も入居者様全員の無病息災・健康長寿をお祈り申しあげることができました。

=書初め・節分行事=1月にはみんなで書初めをしました。皆様の達筆ぶりには職員一同本当に感嘆いたしました。

2月には節分イベントを行いました。演劇風でなぜか桃太郎・金太郎・一寸法師が勢ぞろい!!利用者様と一緒に力を合わせ暴れる悪い鬼を一挙に退治しました。      めでたし。めでたし。

=事業所紹介 あいの光居宅介護支援センター=当センターでは、在宅生活にお困りの高齢者の方や高齢者を介護するご家族の相談に応じ、必要な申請代行や介護サービスが利用できるよう調整を図るなど、皆様の身近な相談窓口としてご利用いただけます。

*介護保険制度の説明・介護保険制度に関する説明やサービス利用にかかる手続きの流れなどの説明を行うことができます。

*要介護認定等の申請代行・介護認定の申請が代行できます。

*居宅サービス計画(ケアプラン)の作成・ご本人のご様子やご家族の状況、生活環境などを伺い、状況に応じたサービスをご本人・ご家族と共に検討します。

*居宅サービス事業者との連絡調整・お困りの状態にあわせ、希望するサービスが利用できるよう、かかりつけ医、サービス事業者等との連絡調整を図ります。ご本人・ご家族を交えたサービス担当者会議を開催し、詳細を検討していきます。

【営業時間】9:00 ~ 18:00(祝祭日及びお盆、年末年始を除きます)

*電話等により24時間常時連絡が可能な体制にしています。

【提供地域】瀬戸内市・岡山市東区(西大寺福祉事務所管内のみ)

※介護でお困りのことがあれば、まずはご相談ください。

※ご相談の際は、こちらからご自宅に訪問し、お話を伺います。

※秘密は守ります。第三者に漏らすことはありませんのでご安心ください。

当センターでの相談に関しては、無料です。

(全額が介護保険の適用となりますので利用者負担はございません)

【お問合わせ先】あいの光居宅介護支援センター

〒 701-4302 瀬戸内市牛窓町牛窓3121-1

TEL 0869(34)6177 

FAX 0869(34)6178

HP    http://www.aoki-ainosato.or.jp/ E-mail : care-mane@aino-hikari.jp

あいの光医院・牛窓 栄養管理部 より 知ってウレシイ季節のお手軽レシピ と ヘルシークッキング教室のご紹介

お雛様ケーキ

<材料> カップケーキ 5個分

ホットケーキミックス100g 紫キャベツの茹で汁50㏄ 卵1/2個 絹豆腐40g 砂糖大さじ3

(デコレーション用)

マシュマロ5個 チョコレート適量

<作り方>

(カップケーキ)

①  キャベツはスライスし、さっとボイルし水気を絞っておく。*茹で汁は捨てないでとっておく。

②  ボールにホットケーキミックス以外の材料を入れ、泡だて器で滑らかになるまで混ぜる。

③  ②にホットケーキミックスを入れ、まんべんなく混ざったら、銀カップの8分目まで生地を入れ蒸し器で約12分蒸す。

(デコレーション)

①  マシュマロに、チョコレートを湯煎にかけて溶かしたもので、顔を書いておく。

②  ①のマシュマロの上からスティックを刺し、カップケーキに固定しできあがり。

*牛窓特産の紫キャベツを使った簡単でヘルシーなおやつです。茹で汁は、紫色ですが、生地は緑色に変化します。残りのキャベツは、サラダにして召し上がって下さい。サラダにすると、ドレッシングの酸で、こちらは、きれいなピンク色に変化します。お子様と、色のマジックもお楽しみ下さい。

ヘルシークッキング教室は3ヵ月に1度牛窓町公民館にて開催しております。毎回、地元の旬の食材をアレンジしたご家庭でも手軽にできるヘルシー料理を提案させていただいております。どうぞご家族・ご近所さま・ご友人などお誘い合わせの上、一度、遊びに来てみて下さい!!男性の方の参加もお待ちしています!

参加費:大人1000円 子ども300円(保険料含む)

お問合せ・申込み:あいの光医院・牛窓 (0869)34-6161 八田(はった)

《冬 場 の 感 染 症 予 防》

◆インフルエンザ①流行時期前(10月中旬~12月上旬)に予防接種を受ける②手洗い(しっかり指の間や手首まで)・うがいの励行(イソジンヨード液など)③マスクの着用を心掛ける④十分な睡眠・栄養をとり体調管理に留意する

◆ノロウィルス①手洗い(しっかり指の間や手首まで)・うがいの励行(イソジンヨード液など)②感染者の吐物・便を処理する際はマスク・ゴム手袋・ガウンなどを着用し二次感染を防ぐ③汚染された衣類などは次亜塩素酸(ハイターなど)で消毒を行う。④二枚貝類(主に牡蠣など)に多く、十分な加熱(85℃以上1分間)で死滅する。※牡蠣などの生食は避けること。

当院でも予防接種をおこなっています。外来受付までお気軽にお問合せください。・インフルエンザ ・シニアの肺炎球菌 ・小児肺炎球菌 他

あいの光ニュース3月号原版(PDF)はこちらH25.3