7月の初めから準備を始め、少しずつ短冊が増えていき、7月7日当日、施設の玄関に七夕の飾りが完成しました。

入居者様や職員で、短冊に願い事を書いたり、俳句を書いたりしました。

飾り作りは、通所リハビリや、病児保育の利用者様も手伝ってくださいました。

また、エレベーターホールにも、入居者様が小型の七夕飾りを作ってくださいました。

 

牛窓地区は旧暦で祝うので、8月7日に七夕まつりをするという風習があります。

それまで飾っておく予定ですので、あいの光に来られた際にはぜひ見ていってください。

皆様の願い事がかないます様に。