当院には、X線撮影装置、X線TV装置、X線CT装置、超音波検査装置、骨密度測定装置などの検査機器が設置されています。

X線装置については、従来に比べ少ないX線で検査を行うことができる最新のディジタル装置を積極的に導入し、被曝の低減を図っています。

また、X線CT装置の内臓脂肪、皮下脂肪測定機能や骨密度測定装置を活用し、生活習慣病の予防に役立てることができます。

これらの検査機器を医師、診療放射線技師、臨床検査技師が運用し、皆様の健康をサポートします。

レントゲン室

X線撮影装置

X線撮影装置

X線撮影室は車イスやストレッチャーにも対応できるように、十分な広さを確保しています。

また、天井式のレールにすることで内科から整形まで幅広い領域の撮影が可能となっています。

CR装置

CR装置

撮影したX線画像をディジタル処理して写真にします。

従来と比べ、X線の量が少なくて済みますので、被曝が低減されます。

また、現像機のように薬品廃液が出ませんので、環境にもやさしい装置です。

X線TV装置(透視装置)

X線TV装置(透視装置)

操作卓

X線TV装置の操作卓

X線TV装置は、リアルタイムで体内を透視できる装置です。

上部消化管検査(食道や胃、十二指腸の検査)や嚥下検査(飲み込み検査)を行うことができます。

CT室

X線CT装置

X線CT装置

操作卓

X線CT装置の操作卓

X線CT装置は、身体の輪切り像を撮影することができます。

一般のレントゲンより、精密な検査を行うことができます。

病気の早期発見には欠かすことのできない検査です。

超音波検査装置

超音波検査装置