今年も当院に多くのインフルエンザの患者様が来られています。暖かい日も増えてきましたが、まだまだ油断は禁物です。皆様、感染症予防で何か行っていることはあるでしょうか?
感染症予防の基本に手洗いがあります。普段何気なく行っている手洗いにもポイントがあります。洗い残しを減らして、感染症予防に努めましょう。

 

2018年2月19日(月)に通所リハビリにて手洗いチェッカーという手洗いの洗い残しを光らせて目で見て分かるようにしてくれる機械を使い、利用者様の洗い残しを見てみました。

一見キレイに洗えているように見えましたが… 親指の付け根、爪の周り、手首の洗い残しがみられる方もいました。

洗い残しを減らすためには、指先、指の付け根、手首のそれぞれのパーツを意識して洗うことが大切です。

 

 

しっかりと手洗いをして、感染症予防に努めましょう!

また、洗い残しを意識した手洗いは食中毒予防にもなります。習慣にしていきたいですね!